居宅介護支援

介護サービスをご利用するための居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、この計画に従って適切かつ滞りなくサービスが提供できるように、各サービス事業者との連絡調整を行ない、介護保険制度に基づく流れをフォローします。

個人情報の保護について

高齢者福祉事業の推進

日本は久しく世界一の長寿国を享受しています。一方、世界のどの国も体験したことのないような急速な高齢化を目の当たりにし、老後の不安の最大要因である介護は、誰もが直面する問題となっています。

私たちは当法人の設立目的に立脚し、地域の高齢者福祉対策に少しでも貢献できるよう、市町村、医師会、歯科医師会、薬剤師会、関係各位のご協力のもとに「高齢者に優しい社会」をめざした在宅医療、在宅福祉事業を推進してまいります。

居宅介護支援って何をするところ?

介護サービスをご利用するための居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、この計画に従って適切かつ滞りなくサービスが提供できるように各サービス業者との連絡調整を行ない、介護保険制度に基づくサービスの流れをフォローします。

介護保険ってどんな制度?

介護保険制度は、介護が必要となっても、出来る限り自宅で自立した日常生活を営めるように、本人・家族を支える保険制度です。
保険に加入するのは、40歳から64歳までの医療保険に加入されている方と、65歳以上の方です。

介護保険制度により、65歳以上の方で介護の必要な方と、40歳から64歳までの方で、主に老化が原因とされる病気や厚生労働大臣が定める15特定疾患によって介護が必要な方が、本人の選択で「在宅サービス」または「施設サービス」を利用できます。

介護サービスを受けるには

要介護区分

自立
(非該当)
介護保険サービスは受けられませんが、市町村が行なう介護予防事業を利用することができます。
各地域包括支援センターにご相談ください。
要支援1
(介護予防サービス)
介護保険の介護予防サービスを利用できます。
要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性の高い人など。
要支援2
(介護予防サービス)
要介護 1 軽い





重い
介護サービスによって生活機能の維持・改善を図ることが適切な人など。
要介護 2
要介護 3
要介護 4
要介護 5

要介護認定後に受けられるサービスは?

居宅サービス

家庭を訪問するサービス

  1. 看護師などの訪問 (訪問看護)
  2. 入浴チームの訪問 (訪問入浴介護)
  3. ホームヘルパーの訪問 (訪問介護)
  4. リハビリ専門職の訪問 (訪問リハビリテーション)

日帰り通所サービス

  1. 日帰り介護施設などへ通う (デイサービス)
  2. 老人保健施設などへ通う (デイケア)

施設への短期入所サービス (ショートステイ)

福祉用具の貸与および購入、住居の改修など

施設サービス

  1. 介護老人福祉施設への入所
  2. 介護老人保健施設への入所
  3. 介護療養型医療施設への入所

サービスを利用するには

1.居宅介護支援業者を選ぶ

・要介護認定を受けた方は、居宅介護支援業者(介護サービス作成を依頼する事業所)を選びます。

     ↓

2.市町村に届出

・居宅介護支援業者が決まったら、市町村の介護保険担当窓口へ事業者が届出を出します。

     ↓

3.介護サービス計画(ケアプラン)の作成

・介護支援専門員と利用者で、どのようなサービスが必要か相談します。

     ↓

4.サービス提供業者との調整

・介護支援専門員がサービス事業者と連絡・調整を行ないます。

     ↓

5.ご契約

・ご利用者とサービス事業者の契約を行ないます。

     ↓

6.ご利用開始

・ケアプランにそって、サービス利用が開始されます。

事業内容

サービス内容 ① 居宅介護に関するすべてのご相談に応じます。
② 保健福祉サービス等に関する情報提供、およびご利用案内をいたします。
③ 介護保険の申請や保健福祉サービスの利用に係る申請手続きの代行を行ないます。
④ 居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
⑤ ケアプランに沿ってサービスが提供できるように、サービス業者と連絡・調整を行ないます。
⑥ 福祉用具の紹介、住宅改修の相談をお受けします。
営業日 月曜日~金曜日
(祝祭日、8月14日・15日、12月29日~1月3日を除く)
営業時間 午前8時30分 ~ 午後5時
サービス提供地域 新発田市
ご利用料金 ケアプランの相談・作成は、全額を介護保険が負担しますので、ご利用者に自己負担はありません。
スタッフ 介護支援専門員(ケアマネージャー)