腹部超音波検査 評価Aを取得しました(令和元年度)

令和2年2月、当センターの腹部超音波検査が(公社)全国労働衛生団体連合会(全衛連)と(公社)日本人間ドック学会が共同実施する「令和元年度 腹部超音波検査精度管理調査」において「評価A」となりました。

この調査は全衛連が健診施設が実施する検査の操作技術、読影技術の精度が信頼性の高いものとなるよう評価、指導を行っているものです。

腹部超音波検査分野においては事前調査による実績調査(精密検査受診率、がん症例数等の把握)と撮影画像の提出を求め画像評価(ゲインの調整、フォーカスの位置、画像の印象等)および手技評価(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓、腹部大動脈)について審査し「A」、「B」、「C」、「D」の評価をしています。

【参考】令和元年度結果:参加施設267施設中 評価「A」177施設(66.3%)

超音波検査精度管理調査 総合評価結果別施設数

ランク 令和元年度 平成30年度 平成29年度
A(優) 177 66.3% 163 63.4% 170 70.5%
B(良) 81 30.3% 80 31.1% 60 24.9%
C(可) 2.2% 10 3.9% 10 4.2%
D(不可) 1.1% 1.6% 0.4%
参加施設総数 267 257 241